上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社の研修が終わって名古屋から帰ってきたぐらいなので、18歳の終わりぐらいかな。
俺さん19
こんな顔して写真に写ってた(美化1000%ですけどwwww)
と言いつつ、「ぽき」ではなく「麻輝君」に変換してありますけどね(笑)
家族そろって眉毛がない人種なので、すっぴんになるとNO眉毛★
なのでこの絵で麻輝の眉毛がないのは仕様です(笑)
今は眉毛、描いてますからね…ペンシルで…あ、麻輝のは「生えた」ってことにしてくださいwww
なんで髪色、赤茶色が良かったんだろう。


この写真は俺さんの中でとっても印象深い思い出の一つなので、机に飾ってあります。

写真のいきさつ:

たしか日曜日だったと思う。
久しぶりにととんきゅと買い物へ行った。
そんなに遠くではなかったのだけれど、高校生になってからととんきゅと買い物行く機会も減ってた。
社会人になってからそれに拍車がかかって、俺さんは俺さんの生活、ととんきゅはととんきゅの生活を送ってたので家族の会話的なものは一切無かった、そんな時期。

帰宅途中に畑一面がコスモス一色の場所を見つけた。
「…うわすっげ」
「行くか?」
「え。」

そんな短い会話の後、道端に車停めてコスモス畑へ。
蓮華畑を走り抜けて見たいとか、シロツメクサ畑で寝転がってみたいとか思ったことはある。
コスモス畑で背の高いコスモスに囲まれるのも、いい。

俺さんは携帯でばっしゃばっしゃコスモスのベストショット撮ってた。
ら、ととんきゅがいないwww
「(え、俺、放置?)」
とか思ってたら、車に積んであった一眼レフ持ってきて俺さん撮りだした。

大きくなってから親が構えるカメラの被写体になんかなってなかったのですごく恥ずかしかったの覚えてる。
たぶん、高校の入学式以来、かな。

こりゃなんかアクション起こさないとつまらんな。

とか思って、長い前髪を耳にかけてそこへピンクのコスモスさしてみた。
白は似合わないと思ってたし、綺麗な薄ピンクは似合わないし、だからより濃いピンクを選んだ。
ダボダボのジーパンはいて、ダボダボのTシャツ着て…髪にさしたコスモスが似合うはずもないのに

父は私の写真を撮ってくれた。

角度とかピントとか合わせて、丁寧に撮ってくれた。

そんな親子を見て、後ろを通る人が笑ってくれた。

照れくさくって恥ずかしくって私も笑った。

その時の1枚がこれ。


どんな思いで撮ってくれたのかはわからないけど、自分としてはとても嬉しい写真。
どうしてもアルバムに入れたくないんですよね、これ。
いつでも見れる位置に置いておきたい、そんな1枚。


お幸さんと一緒に撮った写真も一緒に置いてある。
同じように同じ場所で撮った写真を隣に並べてみたいな。

見比べるとかそんな意味じゃなくて、なんか、そう、深い意味。
それをしてどうなるとかじゃなくて、ただ今の自分はその時の自分と比べてどうなってるのか、知りたい。

その時を比べて、疲れた笑みをしてるのか。
その時と比べて、身長は伸びたのか、とか、ね。

ただ、今の自分が知りたいんですよ。
外見的に、内面的に。
3、4年前からどうなってるのか。


自分辿って何か見えるわけじゃないんですけどね。
ただ、そこに笑ってた自分がいる。
ただ、そこに立ってた自分がいる。

昔の自分がいたとこ見て、
「今の俺さんだよ」って「元気にしてるよ」って言いたい。



汚い机の上掃除したら久しぶりに写真が見えたのでちょっと胸キュンされちゃいました(笑)
大量の消しゴムのカスと共に発掘よ★(@まめに掃除ぐらいしろよwww)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。