上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アル.アサ描くとか言っておきながら描かない天の邪鬼な女、天野ぽきです。
こんばんは。

いつの間にか日付が変わってしまってました。
あははんは。

とりあえず土曜日からちこちこ描いてたもの↓
green
何故か知らんけどこの背景の写真を見てからと言うもの、こう言う絵が描きたくて描きたくて会いたくて(@最後のは違うだろ)
と言うことでやってみました。
色塗りが雑なのは仕様です。
最初はお耳長くなかったのになぁ。気づいたら長かったですアレレ?
でも柔らかな色使いは超お気に入り。
この女性の髪の色と服の色はホント綺麗。

それから1000打over記念と言うことで、おめめが可愛い子描きたくなったので、リヒテン↓
リヒテン
しかしまぁ…似ない、可愛くない、残念な仕上がり。
(´;ω;)ウッウッ
切実に画力が欲しいぜチクショウ。

来てくださった貴方、貴女、アナタ、ありがとうございます。
くだらないブログなのにお足を運んでいただいて、大変感謝しております。


それにしても絵の具って、楽しいですね。
色を混ぜたら最後、その色はその時混ぜた時にしかできないんですよ。不思議。
次、同じ配合で混ぜたとしてもちょっと微妙に違う。
少し雰囲気が違う色が出る。
なんて奥が深いんだろう…でも楽しいです。
あまり原色、固いままで塗るのは好きではないので、かなり大量の水で溶かして使ってます。

水に溶けた色見てるとこれまた綺麗。

でも少々の色じゃ水の透明性には勝てない。
何故なんだろう。
それ色に染まってしまえば、それから先は何色にもならないというのに。

人間みたいなものかもしれません。
最初は無垢な水。
透明性を帯びて、何にも染まってない。

でも生きていくと、いろんな色が見えてくる。
それを吸収したり溶かしたり。
いろいろな経験したり失敗したりして自分の色になっていくんだよね。

誰しも透明のままでは生きられないよね。
必ず水は自分の色に染まって、必ず底は見えなくなる。
だから人は不安になる。
自分の色で見えないから、それであっているのか不安になる。

自分の生き方なんだから何事も間違っちゃいないと思う。

「これはだめな生き方だ」と自分で思えば線路を変えればいいし。
「これでいいんだ」と思ったならそのままでいいと思う。


何事も僕次第、あなた次第。


緑の絵の方の水はきれいな緑色…んーエメラルドグリーンになりました。
リヒテンの絵の方の水は飲んだら美味しそうな、キャロットジュース色になりました。

ホルベインの透明水彩絵の具は、絵の具独特の匂いがしないから好きです。
でも色が限られてるから「この色が欲しい!」って時には試行錯誤して作らなければならない。
作ったとしても「これだ!」って色に出会えないのが難しいところよね。

さー。
明日は1日現場仕事だかんなー…寝るかね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。