上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもぶつぶつ英国人=週10時間強、欧州一

 【ロンドン14日時事】
14日付の英大衆紙サンは、「欧州で一番不平を言うのは英国人」との調査結果を伝えた。
不平の矛先は特に「悪天候」とされた。

調査結果によると、英国の平均的な大人が不平を言うことに費やしている時間は1週間に計10時間18分(年換算では22日強)で、フランス人(週5時間56分)とドイツ人(同5時間22分)のおよそ2倍だ。

英国人の中でもイングランドの人が11時間46分と最も長く、その後にスコットランドの人が10時間24分、ウェールズの人が9時間30分と続く。

調査を実施した会社の関係者は「英国といえば悪天候。悪天候は人の気分を変えるので、英国人が不平を言う時間もおのずと長くなるのだろう」と推測している。
以下は英国人の不満の種トップ10。
1位悪天候
2位疲労感
3位くだらないテレビ番組
4位インターネットの接続の遅さ
5位家が片付いていないこと
6位交通渋滞
7位仕事量
8位二日酔い
9位店員の態度の悪さ
10位体調不良。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000015-jij-int

いつもぶつぶつ英国人ワロタ。
アーサーはフランシスよりもルートよりも不平不満を述べることが多いことがわかったね(笑)

【別に俺は言いたくて言ってるわけじゃないんだぞ!
言葉に出すことがたまたま不満なだけだ!】

と言っておられます。
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。