上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わった。
終わってしまった。

無事に全行程が終わりました。

と言っても七日間ごとの法要があるのでそれまでは忙しい日がありますけども(苦笑)

でも家族全員、親戚一同で頑張りました。

棺にはサボテンの花を入れることになりましたが、その時に思い出したぞ…
昔せっかく咲いたサボテンの花をむしりとってばーばにこっぴどく叱られたことを(笑)
サボテンにはいい思い出はないのですが、ばーばの棺に入れることが出来たのはいい思い出になりそうです。

最終的にばーばの体は白い小さな骨壺に収まってしまった。
あぁ…何て儚いんでしょうね。

綺麗に焼けて、生前はずっと寝たきりでしたから足のお骨はほとんどなかったのが驚き。

でも喉仏はそのまんまの形で残ってました。
『女性の方で喉仏が残るのは珍しいですね』と斎場の方が言ってました。
何かと信仰心のあついばーばだったから残ったのかな。
お骨を拾いながらそんなことを思ってたり。


俗名は言えませんが、戒名は(言っていいのかわかりませんが(苦笑))
『映空清蓮大姉』
エイクウセイレンダイシ

となりました。
本来なら名前の一文字が入るのですが生前にお寺様で三日間の修行を積み、その宗派を御立てになった源空様の弟子に認められているので『映空』と言う戒名を頂いてたそうです。

知らなかった(苦笑)
親戚の誰も、家族でさえも知りませんでした~(汗)

でもとっても素敵な素晴らしい戒名だと思います。


しかもね、最近の遺影ってカラフルに出来るんですよ~。
ばーばの遺影は背景ピンクにして額は薄紫にしたんですよ!
遺影に選んだばーばの写真は白いお着物着てたんでとっても綺麗な出来でした。

オシャレだったばーばにピッタリ!


そんなこんなで今に至るわけです。

課長に明日と今日のお休みをもらっているのでゆっくりお家の後片付けをしたいと思います。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。