上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も作業の手順を紹介する!
お前ら全員ポケットに手を入れて姿勢を正せ!!(@ルートヴィッヒ風にお願いします)

■原稿のページが出来るまで第2弾「ペン入れ~背景他の描き込み」
画像はすべてサムネイルにいたしました。
クリックでおおきくなります。
昨日の下描き
昨日の下描き
昨日下描きしたものを1日置いてから見るとやはり「昨日の自分」と「今日の自分」は違うもの。
少々ガーターベルトやお幸さんからのリクエスト「太ももムッチムチ!」を実行すべく描き直しました。
こうやって描き直すことは日常茶飯事です。

さて納得行くまで描き直したら…いざペン入れ…とはいかず。
まずはテーブル箒を出して身の周りのお掃除からです。
0
消しゴムのカスや他のゴミを机の上に置いたままにしていると、ペン入れをした時に引っかかってしまう!ってことがよくあるのです(汗)
そうならないためにも私の場合は掃除。

消しゴムのカスも撤去し、机の上のいらないものも撤去したらペン入れをするための準備!
1
・ペン入れ専用の下敷き(下に映っている真白のものです)
・インク(私は証券用のインクを使っています。1,2年前までは墨汁で描いておりました(汗))
・画像右から 丸ペン・Gペン(横向いちゃってる…)・カブラペン です。
この3本は一般的に使用されてるタイプのものですね。
「付けペン」とも呼ばれます。

2
このようにペンによって描き味、線の太さが変わってくるんですよ面白いでしょ♪(説明してる毛むくじゃらは私、天野の自画像です(笑))

それではお待ちかねのペン入れにまいりましょう。

3
原稿にゴミや手の指紋・油などが付くとあとあと困りますし、インクの乗りも悪くなってしまいますから私は自家製の手袋をシャキーンッ!!と左にはめます。
あ、今更で申し訳ないのですが私、左利きです(@ホントに今更だな)
そして自慢ではないのですがこの手ぶくろが30個ほどに引き出しに眠っている。
でもこれを装着してがりがりとぺん入れしてたりすると何度かの使用でボロボロになってしまう→新しいの作る→またボロボロ→新しいn(以下エンドレス)と言う自然の摂理が出来上がっているので、自分としてはもっと会社からぱくってこればよかったな、と後悔しております(笑顔)

余談はここまでにしておいて。
私のペン入れの順番は
丸ペン(細い線で描ける)で眉を描きます。

Gペン(一般的に使用されるもの)で目、鼻、口を描きます。
顔の中が描き終われば髪へ移動。
この時、紙を正面にドーンと構えたままペン入れをするのではなく、自分の描きやすい方へぐりぐり回して描いています。
描く方向にも好き嫌いがありますからね(苦笑)

4
これが髪までペン入れ出来たものです。
下描きが濃すぎてペン入れしたのかどうかがわかりませんねサーセン(汗)

髪まで終わったその次は「この絵で1番描きたい場所」から描いていきます。
だから毎回決まった描き方はないのですアハ★
今回は首と バ ☆ ス ☆ ト(@うぜぇ)から続きを描きました。
線がのっぺりならないように、強弱緩急をつけながら描いていくとリアルに見えますし、絵に活気が出ますのでお試しあれ★

5
これが全体のペン入れが終わったものです。
先ほど「緩急も入れながら線を入れると…」と言いましたがこれをするとインクがダマになって出る場合があり、気を抜くと乾いてないインクが衣服に付いたり手に付いたり、最悪の場合原稿にまで影響されますのでマジで気を抜かないでくださいね!!
なのですぐ行動を起こさず乾くまで一休み。

ラグ
一休みの間に描いた落書きも晒しておきます。
オリジナルキャラを自分の代理に立てました。
この時部屋の中がすんごく暑くてですね、窓と扇風機だけでは生きていけない雰囲気でしたが「23時までクーラー禁止!」との皇帝勅命(@ぱぱん命令)があるので我慢してたら自然とこんな絵描いてました。

Q.何故23時まで禁止なのか。
A.天野家はオール電化ですので何時間かごとに電気使用料金が決まっているのです。電気料金が1番安いのは23時以降。
だから「一番安い時間帯ならクーラーかけてもいいよ★」と言うことなのです。

ケチケチ家で申し訳ない。
でも35度でも人間我慢できるんですね。
汗だくでしたけどあははんは。

あとサインを普通の印鑑に変えました。
印鑑の丸枠から線を引っ張ってPに見せてあとは横にokiと入れて完成です★
漢字とローマ字の融合です!漢―マ字と呼びなさい!(@言いにくいわボケ。大体「-」の部分はなんて言ったらいいんだよ!)
発音は「かんーま」です。「んー」の部分は鼻から息を抜くようnゴシャッ(@黙 れ )

印鑑は100円均一で買いました。
本当は本名の苗字印鑑を取ろうとしたのですが、ぱっと気まぐれで印鑑を取ったら

天 野 だ っ た !

こんな偶然あると思いますか!!!!(@天野、大興奮)
「これは俺に買えと言ってるんだな。きっとそうに違いない。そうだ。そうか、お前、そんなに俺に買ってもらいたいか、そうかそうか。俺に使われたいかそうかそうか。もし日本に某ゲームの「ジョブ変え」のようなものがあったとしたら俺は迷わず「天野」姓にしたと思うぞ。お前の、今俺の手に収まっているお前の為にな!!!」(@なげぇよ。店ん中で絶対怪しまれてんぜお前)
で、偶然ではなく運命でこの子買いました。
シャチハタのようなインク式ではなく、朱肉に押し付けてする認印タイプです。
何でも売っている100円均一なのに「朱肉はありますか?」「ありません」と言われたので仕方なく黒色のスタンプ台買って帰りました。
さっそく運命の天野さん印鑑が押せて俺、幸せだない。

…すんげぇ話が脱線しとるの。
元に、元に軌道修正しましょう。

えー…っと?(@っ、忘れんなよ…)
あぁそうだ!

6
原稿が乾いたら、消しゴムで下描きを消しましょう!
この時も原稿に指紋や油がついては大変ですから、私は右手にも手袋をします。
ごしごし。
原稿用紙がぐしゃぐしゃになったり破れたりしないように気をつけながら…。

あ。
またまた今更ですが、私の原稿用紙はデリーターや他の高級原稿用紙ではなく、A4のコピー用紙でもなく、「ケント紙」と呼ばれる厚紙のようなものを使用しております。
インクの滑りがよく、消しゴムで強くごしごししても毛羽立つことはないのでとても重宝しております、ケント紙ちゃん。

 7
消しゴムで下描きが消せました。
…あれですね、お化粧してた人がメイク落としてスッピンになったみたいな貧相具合ですね(汗)
私、これが嫌いなんですよ。
鉛筆で描いたら「おぉ!」と思える出来でもペン入れするとガッカリクオリティー。
や、作者がこんなこと思っててはだめなのは分かってるんですけど、ホントペン入れの下手さにガッカリしちゃう(溜息)

そして問題の背景。
会社の休憩中にネットで調べたり自分の家の書庫から「bar」や「酒瓶」、「バー カウンター」を検索して調べて勉強して描いて描いて描いてした結果です。

8
たぶん明日もっかい見たら「ここにこんな瓶追加してみよ♪」ってな感じになるんだと思いますが、背景はこれにて終了。
背景は明日ペン入れします。

そして背景ほったらかして、人物にお化粧をします。
人物の「はっきりさせたい部分」にぐりぐり影を入れます。
するとなんということでしょう!貧相だった線がくっきりはっきり!

ペンイレ完了
(※スキャナで取り込んで画像加工しています)

天野はこの作業が1番好きです。
絵が完成した喜びの次に好きです。
だって線をはっきり入れることにより人物が生き返り、温かみがよみがえってくる。
ドキドキするんです。

スッピンだったギムレットもちゃんと目にアイライン、アイシャドウを入れて、まつ毛もつけて元の御顔になりました。

この影付けはすべてボールペンで行います。
背景のペン入れがまだなので、ペン入れが終了して消しゴムをかけたらボールペンのゲルインクがにょーんっと伸びる羽目になるんでしょうが気にしない。
だって私には修整液があるもの(@強い味方だな)

まぁにょーんってならないようにうまいこと消そうと思います。
でも失敗して泣いてたら諌めてください(笑)

この一連の作業、おおよそ3時間半かかりました。

次は背景にペン入れをして、貼れるならトーンを張りたいですね!
長い長い説明にお付き合いくださってありがとうございますまー★

それでは次回をお楽しみに!(@してる人いるのか? (@居ると信じてるよ私は) (@よしよし、そうかそうか)))
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆきんぼー | -

    瓶ビンびんbin・・・・

    背景お疲れ!!

    昨日だいぶ不安そうだったけど何とかなったみたいだね(^^)

    ちょっとアドバイスをしておくと、棚の奥行きの線の角度がきついから、もっと緩やかな角度でいいと思うよ☆

    背景をペン入れする時に描き込みすぎると手前の麗しいギムギム(お前死にたいのか)が死んでしまうから、ほどほどにね~。

    図々しく指南しちゃったけど、完成楽しみにしてんよっ(●^v^●)♪

    ( 18:39 )

  2. ビンドーン!

    なるほどなるほど。
    メモメモ(● _ _ )Φ...

    図々しいなんてとんでもない!
    ありがたいし嬉しいよー(●^Å^●)ノシ

    ( 08:52 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。