上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブログ後半から熱く語ってます。眠い人はヌルーおk(笑)】


昨日の夜20時から今朝の4時までガッツリ、風呂にも入らず寝ていた天野です。
おはよう!(爽やか~)

疲れてたんだね疲れてたんだね。
でもまだ寝足りないってどういう事?
しかも1日絵を描いてないだけで禁断症状「絵を、絵を描かせろぉぉぉ」が前面に出てくるってどうしよう(汗)

…こりゃもう、昼休みにガチでなんか絵を描くしかないわね。
ニコ動聞きながら(@お前の夢がようやく叶うのな)

それにしても 華 の 金 曜 日 だぁぁぁ!!
嬉しいぞ、嬉しいぞあっはっはっはっはげっほげっほ(@大丈夫か?)

早く仕事終わらないかな♪(@お前今出勤したばっかり)


土日あったら好きな絵描きまくるんだ!
その様子は携帯からうpするつもりなんだけど…できるかな(汗)
こういう時、家にネットが繋がってないって不便だよなぁ。
絶対不便だ。

何回も掛け合っているのにぱぱんはいっこうに「うん」とは言わない。
コノヤロウ!俺が料金払うって言ってんだろうが!!
ネット繋げ!!ネットぉぉぉぉぅ!

俺の体はもう…ネット無しでは生きられない体なんだぞ!!
俺からネットを取ったら何が残ると言うんだぁ!(@変態が残ると思う)

…外野…(涙)(@本当のことだもん、年中発情期★)

と、と、と、とりあえずネットがないのが辛いのです。
もう少ししたらもう1回お願いしてみるけどね★


それにしても最近、バタースカッチの飴ばっか食ってる。
毎日毎日飽きもせずに(笑)
今日、朝から5つも食ったぞ(出勤中2つ、会社来てブログ打ってる間に3つ)

食いすぎだ。こりゃーメタボになるな。
控えなきゃ。
目の届かないカバンの中に入れておこうそうしよう。



本社もお盆休みに入ったのでぜーんぜん連絡ないし。
センター長もお盆休みで来週の19日まで来ないし。
会社の前の道は車ぜんぜん走ってないし。

皆様、お盆休みを満喫しておいでかコラァ(@駄目よ、怒っちゃ)

と言いつつ、私も18日ばーばの初盆で有給取ってるから他の社員達よりは休みがあるだけマシか。
そうかそうか。

それにしても、もう8月末ですか。
早いナァ。

皆宿題、終わってる?
急ピッチで進めないと怒られるぜぇぇ!
私は昔、自由ノートっつーもんをぜんぜん仕上げてなかったからページ半分以上切り取って提出してものっそ先生に怒られたことがあるよ★(@お前、昔からそう言う生き方しかしてないもんな)
とりあえず今思い出して、その時の担任には申し訳ないことをしたと本気で謝りたい(汗)
そして「今(少しは)更生して真面目に生きてます」と言いたい(@けど締め切りとか守んないとかめんどくさいこと後回しにしすぎて泣くのは今も一緒だろ)

小さい頃の痛い思い出って、大人になるとトラウマになるんだね。
もう少し真面目に生きてれば良かった子供時代ーっ!(@何、卒業式の言葉の掛け合いみたいに言うんだよ)

学生時代に勉強勉強勉強勉強で育った子って絶対社会人になっても「あの頃に戻りたい…」なんて思わないよね(知り合いがそんな感じ)。
でも学生時代にやれ遊びだ、やれ部活だとフルに活動してた人って社会人になって働き出すと「あぁ…あの頃に戻ってもう少し真面目に勉強を」などと思う(@それがお前)

学生のうちは生きてく上で必要な数学(足し算引き算etc.)とか国語(漢字・文法etc.)とかをしっかり学んで、あとは自分が信頼のおける先生見つけてその先生と会話して人生勉強しろ!!
学生時代に出会って濃いく会話できる大人は「先生」と「両親」だけだからな!

っても今の先生もなかなかカスが多いけど(@ちょ、おま)

あれよ、私が嫌いなのは「その生徒が何をしたいのか、何をして欲しいのか分らん、空気の読めない先生」が嫌いだ。
あと、「この生徒はこれだけの力しか持っていない」と決め付ける先生。

まだ他にもあるけどこの2つの要素を持っている先生が1番嫌い。

「お前の力はココまでだ、お疲れ様」って言われたときマジでぶん殴ってやろうかと思ったぞ。
あと「トマトはメロンになれませんからね」(@頑張ってもそれ以上のものにはなれないと言う意味だと思う)って言う先生も居て本気で泣いて帰ったぞこのやろう!

子 供 は 伸 び る の ! !
縦 に も 横 に も 伸 び る の ! ! 

(体型的な意味ではない)

「褒めて育てろ」なんて言ってないんだぜ。
子供の可能性を信じてできる限り、精一杯支えてやれ
ってことを私は言いたいの!
先生だけじゃないよ親もそうだ。

今やってる甲子園の野球BOY達だってそうじゃない。
毎日毎日練習して練習して、出来なくっても練習して。
それは「俺の力はここまでだ、もう止めよう」とか思わず「俺は出来る、もっとできるはず!」っつー燃え滾る信念のもとやってると思う。

それを支える両親だってそうだ。
毎日クタクタになるまで練習する息子を「もう、止めなさい」なんて言う親、居ないと思うんだ。
そりゃ骨折してまで、病気してまで練習してたら流石に「や、やめなさい!骨くっつかなくなるよ!」って止めるだろうけど…ソレとこれとはまた話が違うけど(笑)
クタクタになって帰ってきた息子を温かい家庭と、温かいご飯で迎えてあげて、温かいお風呂用意してちゃんとしたベッドで眠らせてあげる。
一生懸命練習したあとが染み付いたユニフォームを洗濯して真っ白にしてまた息子に渡す。
「洗濯もご飯も当たり前のことじゃないか」と思われるだろうけどその【当たり前】のことが野球BOYの心と体を「精一杯支える」ということだと思う。
それがその野球BOYの強い心を作る、強い人間性を作るもとだと思う。

さらに言うと、その学校の顧問の先生だってそうだ。
「お前には無理だ」なんていう先生いないと思う。
激励叱咤しながら、「嫌われること覚悟」でその野球BOY達の指導に当たる。
時には手も飛ぶかもしれない、時にはBOYたちの心が傷つくようなことも言うかもしれない。
だけどソレは「彼らの可能性」を信じているからこそ、先生も必死になる。
「彼らの可能性と夢を叶えてあげたい」からこそ「こいつらの支えになってやろう!」と熱くなる。

だから本当に、子供って支える人が居たらぐんぐん伸びるんだと思う。

私は学生時代から最近まで、あまり支えてくれる人が居なくて「どーせ私なんてー」って思いで今までやってきたけど、今支えてくれる・支えた人がたっくさん居るから「うぉおお!俺、頑張るぜぇぇぇ!」って気持ちになれてる。
支えてくれる人に気づかなかっただけかもしれないけど…ね(苦笑)

別に「大人になってからじゃ遅すぎる」って旨を言いたいわけじゃないけど、コレって早ければ早いほどいいと思うんだ。
だから今学生を謳歌してる人に言いたいんだ
「支えてくれる人を見つけなさい」って。
だから今学生を育ててる両親やその周りの大人たちに言いたいんだ
「支えてあげれる大人になってください」って。

友達同士じゃどうしても支えられない部分出てくるし、気持ちが違って後戻り出来ないときもあるんだよ。だから、こそ信頼できる大人を見つけてね。

私も20歳越えたから「大人」の部類に入るんだろうけど、「頼れる大人」目指してます。
学生さんたちに悩み聞いてぶつかってもらえるようなそんな大人になりたいと思う。

自分が「安らげる人間探して彷徨ってた」時期があったから、そういう同じ気持ち持ってる子の気持ち、少しは分る。
生き方も個性も違う人同士だから「全部」はわかってあげられないのは申し訳ないんだけど「少し」なら理解できる。
だからそういう「彷徨っている子」の「安らげる人間」の部類になりたい。


でもきっと難しいんだろうな。
「言うだけなら誰だってできるぜ」ってヤツだろう。
だけどそう思う信念は誰にも負けませんよ。


と言いつつ変態でヲタクで駄目駄目人間で申し訳ない。(@もっとでかい声で謝りなさいよ)




最後に一言。
暑苦しく語ったけど、こう言う考えは「人それぞれ」だって言うこと忘れないでね★
私はそう思うけど、今この文章全部読んでくださった方は「それは違うだろ」って考えがあるかもしれません。
その「それは違うだろ」って言う意見も絶対人生には大切な「貴方自信の意見。貴方の個人性。自身の主張」だと私は思うので、どうぞ大切になさってください。

もし誤解を招く表現、適切でない言葉があるならこの場を借りてお詫び申します。




つまり
「伸びる可能性は無限大」


以上だ!(@ドイツ!ドイツ!!)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。