上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天野ってこうやって(気持ち悪く)生きてんだ…へー」って軽い気持ちで見てください(笑)

心境吐露しちゃってるんで、見たくない人も居るだろうから折りたたんでおきます。
「気持ち悪いの?やめとく」って方はヌルーでおk。
「一応見とく」って方は自己責任でおながいします(苦笑)




おkな方はしたからどうぞ~



お腹も減っていないのにずーっと腹鳴(ふくきょう@ぐるぐるーっとお腹が鳴ること)するっつーことは、腸の調子が悪いのと同時にストレス感じてんだな…体が。

こうなるとちょっと間体調崩すんだ~。
その前触れなんだよー。

今のところ腹の調子が悪いだけで(朝まで感じていた肩甲骨辺りと胃の痛みは無くなった!)、心の調子は大丈夫だからこのまま気をつけて過ごしていればなんとか8月と9月のっけの演奏会エキストラ出演は乗り切れるだろ、と思う(@気をつけてな)

気が抜けた9月中旬が怖いな。
…ドッと疲れが出るやも。

予測してると何か用意は出来るので予測することが大事ですよね。
9月は後半、会社の棚卸があるので忙しいぐらいで予定は殆ど無いのでゆっくりしたいと思うのが現状(苦笑)
しかも季節が夏から秋に変わるぐらいなので、季節変化に体が耐えられない気がする。

わかっていても、人生の予定は365日刻々と変わっていくもので、予定は未定なんだから思い通りにいきっこない(溜息)
天野的にこれは「運命」じゃなくて「自己管理責任能力」に分類されるワケで。

生まれてから死ぬまで「自己管理責任能力の無さ」に悩まされるハメになるんだなきっと(笑)


「それを理解してるだけいいじゃない、マシじゃない」と言われたけど、解かっただけじゃ駄目なのよ私の場合。
それを実行できなきゃ、やらなきゃ意味がないと感じる類の人間なのよ私。

目に見えないこと、手に触れないこと、なのにそれでもやらなきゃ気がすまない。
そして後悔するのよね、いつも。

いつもいつも。


「出来ないことするもんじゃない」ってぱぱんは言うけど、それ間違い。
「やらなきゃ、「私には出来ないんだ」って自覚することも出来ない」でしょ。

昔から「お前に○○は無理だ」なんて片っ端から言われて育ってきたから、なんだか今反抗期?

でもホント、いくつ無理だと言われただろう。
「演奏家になりたい」
「声優になりたい」
「転職したい」
「仕事休みたい」
全部「駄目だ」とか「無理だ」の一言でさえぎられてきたもんね。
その「駄目だ」の一言で「はい、わかりました」ってイエスマンな自分、すごいかも。

未だに「駄目だ」ばっかり言われるけど、反抗心ゆえの反抗。
密かな反抗。
自分の好きなもの買って、自分の思う通りに生きて。

でも1人取り残されたような感覚。
寂しい感覚。

これが久しぶりに感じた「孤独」ってヤツなのかもしれませんが。

親友や友人と居るときはそんなことは微塵も思いませんよ。
だって好きなことしてますから。

だけど家に帰るとポツンって感じ。

最近、「家もストレスの原因じゃないか」って思うようになってしまった。
自室でこもって作業してる時ってぜんぜん苦じゃないんだけど、ぱぱんと話すとなんだかちょっと疲れる。
ままんと話してても「黙れ」みたいなね。

何、ままんと話しちゃ駄目なの?とかって疑問に思っちゃう。
ぱぱんと私は血の繋がった元々の家族だから「気兼ねなく話せる子供」という感じらしいんだけど…なんだろう…言い方が違うのよね。
私の意見ってまるでムシされてるかのような。

昨日も会社のストレスのことで言い合いになったけど
「お前が上手いこと逃げられないだけのこと」とか「上司に面と向かって言えばいい」とかなんとか。
「こんなにもわかってもらえないものなのか」って思った。

たぶんぱぱんが持ってる「私の人物像」と私が持ってる「私の人物像」大きく違う気がする。
…もう21年も一緒に暮らしてるからこの人物像ってもう変わらない気がする。

「親子なんだけど他人同士な感覚」を最近感じてます。
自分の温度が低いだけなのかもしれないけど。
それ、すっごく苦痛。

今まで嫌々なりにもちゃんとした親子関係だったのにナァ。
遠目に見てしまったら駄目だ。
何か、怖い。
もう親子に入れない気がして怖い。
否定されてしまうのが怖い。

どうにか元の仲のいい関係に戻していこうとしてるけど。
何年か一緒に買い物行かないだけでこんなに変わるんだ…。


今時の子、お父さんやお母さんの気持ちがわからなくなる子の気持ち、今ならわかるかも。

関わりが無いから、どう触れていいかわかんないね。
口開けば怒られてばっかだから、話すの怖いね。
一緒の空間に居るだけで、押しつぶされてしまいそうで怖いね。

親子って関係が、怖いね。



一方的に卑屈になってるっぽいから修復頑張ってます。
心にストレスの比重がかかり始めてからなんだか再び人間不信。
疑心暗鬼気味。


たまにこうやってブログで吐露しちゃうな、心ん中(苦笑)
どろどろした話でごめんなさいねー。
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆきんぼー | -

    あるある。

    そういうことってあるよー。
    ちょっと前まで私もそうだったし。

    こんなこと言うのは良くないかも知れないけど、親って言ったって結局は『他人』なんだよ。
    親だからって子供のことをちゃんと理解している訳じゃないし、ウチの親だってきっとそう。

    親によっては、愛情と自分のエゴを履き違えてる人もいるからね。

    ととさんがそうだとは言わないけど、一度『親子』という概念を取り払って冷静に考えてみるのも大切かも。
    ウチは『親子』という関係にこそ罠が潜んでると思うから。

    それっていうのは今までの自分を否定するような苦しみがあるけど、それを乗り越えないと本当の自分は見つからない気がするんよ。

    自分の中の内なる声を真剣に聞いてやって。
    それが出来るのは自分しか出来ないから。
    多分今の体調不良は、今まで自分の気持ちを無視してきた反動だと思う。


    厳しい事言ったかも知れないけど、
    話を聞くくらいならできるから、また気軽に声をかけてな^^

    ではでは、長文失礼しました。

    ( 15:17 )

  2. うん。それそれ。

    貴重な意見あんがとー。

    確かにネー。
    「自分の声」って聞いてるようで聞いてないからなぁ。
    溜め込みすぎるっつーのも良くないと思うんだわ。
    あとこう見えての引っ込み思案。

    だから、
    思うように生きてなきゃやってらんないなーって。
    それから、何か止めれば何かが出来るわけじゃなく、何かがあるから何かが出来るっつーのかな。
    その何かってのは絵と仕事の比重とか、人との会話と自分の気持ちとかそんなもん。

    基本ひとり嫌いだからきっと卑屈になってンだと思う。
    無理矢理ひとりから逃げてたけどそうじゃないなーって。
    ひとりの時間も楽しめる人間になんなきゃねーぇ(笑)

    親は親、されど親。
    「所詮他人」とは言い切れん、人に頼るの大好きな甘ったれちんで他人曰く「優しすぎるぜー」な私だからチッと冷たくされたぐらいでグジグジしてました。

    でも文章打ってくと自分にも非があることわかるからいいね。

    とりあえずゆっくり自分のこと気にして、変化を楽しむつもり。


    でも、全部自分だから全部大切にしたいと思っちゃうのは欲張りかなぁ。

    ( 15:34 )

  3. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 16:43 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。