上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンボが目の前を過ぎました。

夏の情熱が、
秋の静寂を
連れてきました。

そしてまた
秋の静寂が、
冬の冷静を
連れてくるのです。

そしてまた
冬の静寂が、
春の陽気を
連れてくるのです。

そしてまた、
春の陽気が、
夏の情熱を
連れてくる。

季節がめぐりめぐっても
世界がめぐりめぐっても

何故変わらないんだろう
季節というものは。

何故変わらないんだろう
言葉というものは。

何故変わらないんだろう
愛というものは。

何故変わらないんだろう


それはきっと、
そこに見えない
繋がりがあるから
きっと変わらないんだろう。


秋は人をしんみりと考えさせます。
暑さに頭が煮えておりましたが、急に涼しくなって温かさが恋しくなってきた。
でも秋の風はしんみりした心に優しい風を送り込んでくれる。

まるで
母のよう。



またいつか、春夏秋冬にちなんだ絵が描けたらと思っています。
版権も楽しいですけど、季節を絵で表す事が出来たならなんて楽しいだろうと。

またいつかですけどね。


秋~冬、春先にかけては天野を詩人にさせる季節です。
たまにポエマーになります。
夢見る詩人天野ぽき エロいけどね(@っ、台 無 し だ !)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。